マインド

【疲れてる人へ】勇気を出して「やらないこと」を決めよう!わたしの体験談

お疲れ気味のてアラフィフ派遣・としこです。皆さんこんにちは。

あれこれやることがあるーーーと、日々あれこれこなしていることがたくさんあるでしょう。

あっという間に1日が終わり、「やりたいことができなかった」「なんでこんなに追われるように1日を過ごしているんだろう」と考えるることが増えていませんか。

でも、やるべきことってそんなにあるのでしょうか。

自分が思い込んでいるだけとしたら?

1日を棚卸ししてみたら「やらなくていいこと」は結構あると思います。
でも「やらないこと」を決めてやめていくのは、実は勇気が必要。

わたしの体験から、やらないことの見つけ方とやめた方法を書いていきます!

  • なんでこんなにやることがあるんだろう・・・
  • すべきことに追われて余裕がない・・

このあたりに悩んでるあなたの、力になれるはずです!

1日の中で「やるべき」と思っていることは結構多い


「やるべき」と思っていることは、気付かないだけでたくさんあります。
その中には必要な「やるべきこと」もあります。一方で、「やらなくてもいいけれど、やるべきと思っているもの」もあるはず。
それを仕分けして、「やるべき」を減らしていくことで精神的な疲労を少なくしていきましょう。

「やるべきリスト」を作ってみる

まず、1日を思い出して「やるべきリスト」を作ってみます。
やり方はとっても簡単。

1日の生活を思い出しながら「やるべきこと」を書き連ねるだけです。たとえば、こんな感じ。ランダムに、思いつく限り書いてみると良いです。

すこし思いつく限りでもこんな感じです。

顔を洗う/歯を磨く/フロスをする/白湯を飲む/朝の一文字を書く/Twitterをする/マッサージをする/化粧水をつける/美容液をつける/日焼け止めをつける/コーヒーを淹れて飲む/お風呂を掃除する/洗濯をする/洗濯を干す/本を読む/ツイート内容を考える/着替える/会社に行く/仕事をする/朝ご飯を食べる/昼ご飯を食べる/夜ご飯を作る/夜ご飯を食べる/朝のスムージーを作って飲む/Yahoo!メールをチェックする・・・・・・・

眺めてみると「要らないのでは?」と思うものが出てくるはず

とりあえずがーっと書いた後は、それを一旦眺めてみることをおすすめします。
一旦眺めることで、客観的に見ることができるからです。

そうすることで「これは要らないかも?」ということが見えてきます。

要らないかも?と思ったものは、こんどは「やらないこと」リストに加えていきます。

「やらないこと」リストが溜まってきたら、次はそれらを「やらない」と強く決めて、やめていきましょう。

惰性で行っていることとはいえ、ずっと続けているものを辞めるのは勇気が要ります。特に、SNSなどコミュニケーションをとっているものは尚更です。

なぜ時間が必要なのか?得た時間をどう使っていきたいのか、なども併せて決めておくと、辞めやすいと思います。

1日を可視化してみる

1日のうちに、どの時間が無駄になっているか、それを見つけると「やらないこと」が見えてきます。

手帳やメモ帳、なんでもいいですが1日を24時間に分けて「正直に」記録を取っていきます。

この「正直に記録を取っていく」のがコツ。

人はなぜか、自分しか見ないものでも正直にできないもの。ここは心を鬼にして、きちんと生活を見つめていきましょう!

無駄な時間が多いことに気付く

1日の可視化をしていくと、いかに無駄に過ごしているかがわかります。
特に帰宅後「ちょっと休憩」と言いながらスマホをだらだら・・・
「〇〇してからお風呂に入ろう」としながら、結局SNSをやっていた、などなど。

こういう無駄なことは「やらないこと」リストに即入れられますよね。

しかし、SNSとスマホは時間泥棒だと痛感しています。スマホ、というよりはネット閲覧やサブスクサービスやゲームなどですが・・。

「やること」「やめること」を決めることで、1日が充実する

1日を客観的に見てみると、やることとやらないこと、これが曖昧なことが多いなと実感しました。

だからこそ、できる範囲でこの曖昧さをなくしていくことで、1日にやろうと思っていたことができて、充実度も上がっていくのではないでしょうか。

メリハリや緩急をつけることは、自分の中で「やること」「やめること」の区別をしっかりつけていくことと言えるでしょう。

もちろん「やること」は集中して行うことも重要です!

そうすれば、1日の中でも時間のメリハリがよりつけやすくなっていくはずです。

まとめ

時間は有限、時間は大切にとよく言います。

特に年齢を重ねていくと、1日どころか1年の速さが電光石火。
体力の面を考えても、できるだけ集中して動いていくようにしていきたいものです。

不要だけど惰性でやっていたことを減らして、余裕を作る生活を送るようにしていけば、新しく何かをチャレンジする余裕も生まれてるはずです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。