マインド

【アラフィフ派遣】会社にいきたくないときの5つの対処法

アラフィフ派遣のとしこです。皆さんこんにちは。
仕事をはじめると、どうしても会社へ行きたくないと思える日が出てしまいます。

そういえば、会社員時代も、ちょくちょく会社に行きたくないと思う日がありました。

そんなときにどんな風に考え直して会社に行ったんだっけ、と思い出してみました。

精神的につらくてつらくて仕方がない、既に身体にも影響が出てきている・・・という場合は迷わず休むこと、辞めることを選択して欲しいと思います。

ただ、そうではなくて、漠然と「やる気がない」「面倒くさい」ときや、やり過ごせるけれど面倒な人・苦手な人がいる、仕事でミスし手怒られたから行き辛い・・・などという場合は、できれば少し頑張って会社に行って、心のモヤモヤを晴らしが方が良いものです。

しょっちゅう「会社行きたくない」と言っているわたしですが、なんとかかんとか会社に行っています。
そんなわたしの対処法を書いてみたいと思います!

会社行きたくない・・けど行かないと後悔するのはわかっているし・・と迷いが多いあなたの、参考になれば嬉しいです。

会社に行きたくない理由を探ってみる

会社に行きたくない!と思い始めると、その気持ちだけがどんどん膨らんでいきます。ですが、ここで一旦冷静になって、「なぜいきたくないか?」を考えてみましょう。

案外出てくる答えは大したことがなく、わたしの場合は

  • 夜更かししすぎて眠い
  • 起きて用意するのが面倒
  • 仕事暇だし1日くらい行かなくても・・・

とまあこの程度のものなのです。
有休が余っていれば、いい機会なので休んでしまうのもアリです。が、当日休みは仮病を使う羽目になり、翌日地味な気まずさか襲ってきますので、あまりお勧めできません。

どうせなら、計画的に休みを取って、前日からワクワクした方が良いです!
大きな理由が出てこない場合は、ぎりぎりになっても良いので会社に行きましょう。

えいや!でとりあえず準備をする

あれこれ考えると行きたくない気持ちはどんどん大きくなっていきます。
なので、行きたくない・・と布団の中でグダグダ考えて、時間ばかりが経過していくくらいなら、「行きたくない・・けど、起きる!」と口に出して起きて、朝の用意をしてしまいましょう。

会社行きたくない、で少しグダグダしてしまっているので、ダッシュで準備をしなければならない状況になっています。何も考えず、マシンのように動きましょう。

「会社に行く!」と宣言してみる

嫌だ、面倒だという気持ちは実は今この一瞬だけ。それなら、「会社に行く」と宣言してその気持ちを上書きしてしまうのもありです。
人間動一度動いてしまえば、結構スムーズに進めてしまうものです。
特に朝の準備なんて、やることはほぼ決まっているのだから、そこにあれこれ考えるスキを与えなければよいのです。

玄関から出るときは、行ってきますと言ってみましょう。そのまま真っすぐ駅に向かうことができます。

嫌な人がいる場合、その人のことが大嫌いと敢えて口に出す

これは多少時間にゆとりがあるとき限定になってしまうのですが、わたしも今会社にとてもとても嫌な人がいまして、毎朝地味に苦痛が襲ってきいます。

次の契約日で終了を決めているので、あと数か月の我慢と言い聞かせていますが・・。

朝、その人のせいで、会社に行きたくない!という気持ちが強くなりすぎて、体調に出ている場合は迷わず休みを選択します。

が、その人とは自分が会社を去るまで付き合わなければなりません。なので、多少「嫌だな」くらいであれば、行った方が良い、と自分に言い聞かせています。

そういうときは、敢えて「〇〇さんのことが自分は大嫌いだ」と口に出し、嫌いな人がいる自分を肯定してしまいます。わたしは顔を洗った後、鏡に向かって言うことで、ウソ偽りない気持ちという認識を持たせています。

その人が嫌いで、受け入れ切れないのも苦しい原因。だとすれば、ハッキリ口に出して肯定してしまえば良いのです。

嫌いとはっきり認めて、自分自身を突き放してしまえば「この人のことばかりに囚われるのって時間のムダだな」と思えてくる時間が多くなってくるのでお勧めです。

そして、夜、時間があるときにその人の何が嫌かを紙に書いたり、今日言われていやだったことなどを紙に書いて吐きだしてすっきりさせましょう。

その紙は、破くなりくしゃくしゃにするなりして、自分が抱えている罪悪感とともに捨ててしまえば良いのです。

終業後の楽しみを作る

会社に行く準備もしていないのに、終わった後のことを考えるのも何ですが、結構楽しいのでお勧めです。
いきたくないと思った日は、絶対定時であがると決めることが大切なポイントです!ただでさえ嫌々来ている会社に、長居は無用だからです。

この本を読んでみよう、でも録画したドラマを見よう、あるいは帰りにおいしいものを買って帰ろう、でも何でも良いです。
何かすこしでもワクワクするものがあれば、さくっと準備できてしまいますよ。

個人的には、帰りに喫茶店で本を読む、お惣菜を買って家事をサボる、家でこたつでぬくぬくドラマを見る レベルのものが、無理せず気楽に楽しめました。

終業後に楽しみがあると、会社でも機嫌よく過ごせるので、嫌な人に言われたこともやり過ごせることが多いです。
日々、小さい楽しみを持つことはとても大切なんだな、と思い知りました。

まとめ:時間はあっという間にすぎることを思い出そう

会社に行きたくないときの対処法をあげてみました。いかがでしたでしょうか。

個人的には、どうしても行きたくないという気持ちが「怠け」から出ているものであれば、無理にでも行くことをおすすめします。
そういう気持ちのときは、案外帰る頃には「行ってよかったな」と思えることが多いからです。

また、その日が特に月曜や火曜の週のはじめである場合は、尚更行くことで一週間のリズムもつかめますしね。

アラフィフくらいの年齢になると、1日1日は本当に早く過ぎていきます。
そのときはとても長いと感じていても、振り返ればあっという間にすぎていた・・となることが多いです。

そう考えると、1日を無駄にはしたくないよなあ、と思ってしまいます。
そう思っても、会社に行きたくない、と思う日も出てきてしまうのです。これはもう、仕方ないと割り切っていきましょう。

なるべく、日々に小さい楽しみを見つけて、ワクワク過ごしていくように、考え方をゆっくり変えていきたいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。